base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

こだわり食材のキッシュ専門店〜 206 TSU MA MU〜

古い倉庫街を利用してつくられた、複合商業施設北浜アリー。建物には、オシャレなレストランや雑貨店などが入っており、レトロな雰囲気を楽しみながら、お買い物を楽しむことができます。そして今回は、その中のお店の一つ「キッシュ専門店 206 TSU MA MU」を紹介します。

このお店では、フランスのアルザス・ロレーヌ地方の家庭料理であるキッシュを専門に扱っており、香川にいながら本格的なキッシュを頂く事ができます。

TSU MA MUでは、常時20種類以上のキッシュを、毎日焼き上げており、お茶と合わせて食事にしたり、お酒と合わせておつまみにしたりといった、様々な楽しみ方ができそうです。一口にキッシュと言っても、種類ごとに、まるで違うお料理のようで、どれにしようか選ぶのが、とっても楽しいです。アパレイユの優しい味は様々な具材の味と相性が良いようで、ふところの広い食べ物のように感じます。そんな、どれもとっても美味しいTSU MA MUのキッシュは人気のものだと開店から1時間もしないうちになくなってしまうものもあり、土日だとお昼前には全てのキッシュが売り切れてしまうことも!平日でも、3時頃には売り切れということもあり、たくさんの人達に愛されているお店です。

さて、そんなキッシュの美味しさの秘密は、なんといってもこだわりの具材にあるのではないでしょうか。すべての具材はオーナーさんが自ら探し歩き、味や品質にこだわって選んだものとのこと。たしかにどのキッシュも、素材の味がとても深く、しみじみと美味しく、すべてにおいて丁寧につくられているように感じます。お話を伺った際も、期間限定だった「さつまいもとレモンのキッシュ」に使っているお芋の銘柄を教えてくださり、試行錯誤の結果出来上がったものだとのことでした。キッシュ自体は、ブリゼ生地にアパレイユを流し込み、具材をのせて焼き上げる…という、行程だけをいえばシンプルなお料理ですが、だからこそ、食材選びのこだわりが、そのまま味にでるのだろうなぁと思いました。

ある程度の持ち歩きもできるため、お土産に持っていっても、喜んでいただけそうです!こだわりの詰まったTSU MA MUのキッシュ、とってもオススメです!

取材・記事・編集=まるぜん・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=まるぜん ラフ=まるぜん 線画=鈴木裕美 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback