base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

悪疫退散の祈祷が目的で始まった「国府宮はだか祭」

旧暦の1月13日、愛知県稲沢市の尾張大國霊神社で行われているのが、儺追神事です。別名「国府宮はだか祭」とも言われています。767年、勅命によって悪疫退散の祈祷行事として、始まりました。事前に、厄年の志願者の中から、おみくじによって儺負人である神男が選ばれ、3日3晩儺負殿におこもりします。

主に厄年の男たち数千人が、ふんどしと足袋姿で、裸男として、老若男女の厄除け祈願を込め布を結びつけた「なおい笹」を捧げて、境内へ駆け込みます。境内では神男が現れ、裸男たちは触れて厄を落とそうともみ合います。喧騒と興奮に包まれ、裸男たちの熱気は体に水をかけても蒸気になってしまうほどです。

後日、夜儺追という神事があり、罪や穢れを込めたとされる土餅を神男に背負わせ境外へ追い出し、神男は途中でこの土餅を捨てて、帰宅します。後で神職がこの餅を土中に埋めて、罪や穢れを土中に封じますが本来、この神事こそが最も重要な神事となっています。国府宮はだか祭では、神男が厄を一身に引き受けているわけです。

取材・記事・編集=夢山紗也佳・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ・ラフ=夢山紗也佳 線画=島方真紀 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback