base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

伝説の舞台となった天岩戸を拝する「天岩戸神社」

天岩戸神社は宮崎県の高千穂町にあり、日本神話に登場する「天の岩戸」と呼ばれる洞窟です。

高天原を治めていたアマテラスの元にやって来た弟のスサノオは、仕事もせず、周りの者を困らせるばかりでした。その乱暴な振る舞いにアマテラスは嘆き、ついには天の岩戸にこもり、入り口を大岩で閉ざしてしまいました。太陽の神が隠れてしまったことで世界は闇となり、さまざまな禍いが生まれ、困り果てた神々は天安河原に集まり相談をしました。これが「岩戸隠れ」の伝説です。

天野岩戸神社は、岩戸川を挟んだ両岸に西本宮と東本宮があります。西本宮は「天の岩戸」を御神体としてお祀りし、東本宮はアマテラスが岩戸から出た後に新居として住んだ場所です。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=夢山紗也佳

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback