base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

「鷲神社」の例祭は規模・賑わいともに日本一の酉の市

東京都台東区にある鷲神社は※天日鷲命と日本武尊をお祀りする神社です。

古来より天日鷲命は開運、殖産、商賣繁昌に御神徳の高い神様としてこの地にお祀りされていました。日本武尊が東夷征討(ヤマトに抵抗した東の国への征伐)の際、神社に立ち寄り勝利を祈願し、征討して帰途した際は社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、お礼参りをされました。その日が11月酉の日であったため、鷲神社例祭日としたのが「酉の市」の始まりです。この故事により、天日鷲命と併せて日本武尊が祀られ、御祭神の一柱となりました。

江戸時代になると、盛大な酉の市は3ケ所あり、足立区花畑の大鷲神社の「上酉、本酉」、千住の勝専寺の「中酉」、そしてここ浅草の鷲神社「下酉、新酉」と呼ばれるようになります。

11月の酉の日に行われる酉の市は鷲神社御祭神の御神慮(神様のお考え)を伺い、御神恩に感謝して新年の開運・授福・殖産・厄除け・商売繁昌をお祈りするお祭として有名です。

江戸中期から伝わる「なでおかめ」は、なでると縁起が良いといわれ、
また縁起物の代表である熊手は、鷲が獲物をわしづかみすることになぞらえて
爪を模したともいわれ、福徳をかき集める、鷲づかむという意味が込められています。

※天日鷲命(あめのひわし):天照大神が天岩戸に入られたとき、岩戸の前である神が弦楽器を奏でると弦の先に鷲が止まった。これが吉祥を表す鳥といって喜ばれ、この神の名として鷲の字を加え、天日鷲命とされた。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=カタツモリ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback