base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

おかめ信仰発祥の地「大報恩寺」

京都市上京区の大報恩寺は、地元の人の間で千本釈迦堂と呼ばれて親しまれているお寺です。1227年に建てられた本堂は、本堂にある釈迦如来像が古来より厚く信仰されていることとお寺の近くの千本通りからきています。京都市内にあるお寺の中で最古の木造建築として有名です。

境内には「おかめ塚」があり、夫婦円満や子授けにご利益があると言われています。

大報恩寺の本堂を造営する際に、長井飛騨守高次という大工が棟梁を務めました。ある時、高次が間違えて本堂の柱に使うための大切な木材を短く切ってしまいました。妻のおかめは短くなってしまった木材を枡組(木組)で補えば良いと助言し、高次はこの助言に従って無事に本堂の柱を造ることができました。ところがおかめは「大工の棟梁が、素人である妻の知恵で大仕事を成し遂げた」と言われたら夫の恥になってしまう”と心配し、上棟式の前に自害してしまいました。

高次は妻の冥福を祈って境内に「おかめ塚」を建てました。また、境内中央には「阿亀桜」と呼ばれる枝垂れ桜があります。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=海示 塗り=夢山紗也佳

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback