base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

学問の神様・菅原道真が祀られる「太宰府天満宮」

太宰府天満宮は福岡県太宰府市宰府にある神社で学問の神様として有名です。全国に12000社あるという天満宮の総本社で、菅原道真が祀られています。

道真は幼い頃から学問に秀で非常に優秀でした。彼は昇進を続け、ついに右大臣にまで登りつめましが、政治思想の違いから、当時の有力者であった藤原氏の反発を招いたと言われています。そして901年、「道真が天皇を廃位しようとしている」という藤原時平の申し立てを受け、醍醐天皇は道真を太宰府に左遷しました。903年、道真は失意のまま、住まいであった太宰府政庁の南館で亡くなりました。

その後、都では疫病や異常気象などが起こったため「道真の祟り」として恐れられるようになり、道真をおとしいれた藤原時平も死んでしまいました。この祟りを鎮めるために建てられたのが太宰府天満宮です。
「天満宮」は天皇や皇族を祀る神社の社号であるため、破格の扱いを受けたことになります。菅原道真は文化人であったことから学問の神様としても知られ、現在太宰府天満宮には受験生を始めとして多くの参詣者が訪れています。

飛梅伝説:大宰府に左遷されることになった道真は、都を離れる際に歌を詠み、梅との別れを惜しみました。この時の梅が一晩のうちに拝殿前に飛んできたと伝えられています。

東風吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

飛梅は本殿の向かって右側にあり、1月中旬頃から白い花を咲かせます。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=海示 塗り=うみにゃ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback