base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

徳川家康の全国支配の象徴だった〜江戸城〜

豊臣秀吉が全国統一を掲げ慢心していた時代、徳川家康は豊臣秀吉の配下として駿河に拠点を構えていました。
豊臣秀吉は、難攻不落の城である北条氏の拠点である小田原城に攻め入り、見事天下を勝ち取ることになりますが、その水面下では新たな戦いの火ぶたが切って落とされた居たのです。

豊臣秀吉は大阪に強大な力を持っていましたが、その背後には「一応」配下となっている徳川家康という配下がいます。
彼にも、もちろん強大な力と軍事力が備わっているわけで、両者がにらみ合う形となるのは目に見えています。
その証拠に、北条氏が城を明け渡す前後で、駿河の軍事的な装備が強化されたことが挙げられます。
つまり、徳川家康も豊臣秀吉も後々、お互いにどちらかをつぶさなくては完全な天下統一にはならないと察していたのです。

つまり、秀吉からすれば何としてでも家康を強化されている駿河から引き離し、軍事力を弱め、抑え込みたいわけです。
そこで、小田原城の陥落に一役買った家康に対し、秀吉は広大で未開拓の関東に拠点を構え(関東の土地を収め)ることを許し、駿河をその代りに取り上げることを恩賞として提示します。

要するに、恩賞を口実に家康を田舎へと引っ越しさえたわけです。
それに従わざるを得ない家康は、関東の中でも比較的港町として栄えている江戸を選び、江戸城を築城します。
しかし、江戸城の付近には昔の利根川の河口があり、土壌が湿地帯であったので、水害や土地整備での苦労がありました。

 

しかしその代り、莫大な土地があることで江戸城は思い通りの城下町を作り上げることができ、その結果、水路を生かした商業も栄え、家康自体の力を高めることへとつながり、ひいては全国支配へと続いていきました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ=かねこ 線画=かねこ 塗り=かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback