base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

お尻を振って豊作を願う「尻振り祭り」

福岡県北九州市井手浦の尻振り祭りは、毎年1月8日に行われ、お尻を振って豊作を祈る祭りです。

そのむかし、出雲の国で悪さをするヤマタノオロチをスサノオノミコトが退治したところ、尻尾が井手浦の地まで飛んできて跳ね、その年は十数年ぶりの大豊作になったという伝説に由来します。

大蛇に見立てた長い藁を松に掲げ、宮司など三人が弓矢などをお尻に当て、掛け声にあわせ尻を左右に大きく振ります。振りが大きいほど豊作になるといわれ、「もっと振れ、もっと振れ!」と声がかかります。最後に宮司が刀で藁を切る仕草をします。中には干し柿が隠されていて、探し出し、食べると1年健康だと言われています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback