base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

北の民の反乱で廃された城~花沢館〜

花沢館は北海道の道南、上ノ国町にあった城で、松前藩藩主の先祖の蛎崎氏が統治する場所でした。伝統的に中世の北海道では城を「館」と呼び表しており、当時の政治の中心は松前ではなく、上ノ国付近だったと言われています。

花沢館は城としての機能は勿論ですが、平時は住居としての役割を持ち、現在の青森県にある十三湊を拠点とする安藤氏の配下である蛎崎氏が住居していました。ここに武田信玄と同じ甲斐源氏の血を引く武田信広という武将がやってきて、花沢館で暮らしていたと言われています。

1457年に「コシャマインの乱」と呼ばれるアイヌ民族の大規模な反乱が発生しました。この反乱の勢いはとても強く、道南にあった12の「館(城)」のうち、10個が陥落してしまう大規模なものでした。武田信広は当時の当主・蛎崎季繁に従ってアイヌと戦い、コシャマインの乱を鎮圧しました。その功績もあって、武田信広は蛎崎季繁の娘と婚姻し上ノ国の守護職の地位を譲られると、夷王山の山頂に「勝山館」という新たな城を築き、そこを拠点として蝦夷地を統治しました。それと同時に、戦で陥落した花沢館は廃城となりました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=カタツモリ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback