base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

敷地内に史跡が点在する〜広島城〜

国の史跡に指定されている広島城は、豊臣秀吉の五大老の一人として知られる毛利輝元が聚楽第を手本にしたといわれる平城です。築城の際には黒田官兵衛も携わっています。完成当初は当時の大坂城に匹敵する規模の城だったといわれており、大坂城や岡山城らとともに初期近世城郭の代表的な城として知られています。
別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま)、当麻城(たいま)とも呼ばれます。
1945年の原爆投下により天守や点在していた城郭建築が倒壊しました。現在の建築物はすべて1958年以降に再建されたものです。岡山城、名古屋城とともに日本三大平城に数えられ、日本100名城の一つに選ばれています。

二の丸の平櫓・多聞櫓・太鼓櫓・表御門は1989年に、築城400年を機に行われた改修の際に再建されており、内部を見学することができます。お堀越しに見る天守の美しさは格別です。お堀には「鯉」が泳ぎ鯉城と呼ばれることから、プロ野球の広島カープは「鯉」なのです。

取材・記事・編集=まるぜん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=まるぜん 線画=のわき 塗り=のわき

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback