base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

聖武天皇が夢で見た天照大神のお告げに従い造った「宝厳寺」

琵琶湖の北部に浮かぶ竹生島。この島にある宝厳寺は、奈良時代に聖武天皇の命により、行基が開いたとされています。

724年、聖武天皇の夢に天照大神があらわれ、次のように言われたことが寺を建立するきっかけとなりました。
「江州の湖にある島は神聖な地ゆえ寺を建てなさい。さすれば国は安らぎ、作物もよく実り、民の暮らしは豊かになりましょう。」

宝厳寺は豊臣秀吉との関係も深く、多くの書状や宝物が寄贈されています。1602年には秀吉の遺命により、息子の秀頼が秀吉の墓所である豊国廟より、観音堂や極彩色の彫刻で装飾された極楽門を移築させました。これは元々大阪城から移築したもので、現存する唯一の大阪城遺構と言われています。

1868年に発布された神仏分離令(明治政府が天皇の権威確立のため、神道と仏教との区別を明確にした政策。仏教排斥や寺院破壊運動の激化を招いた。)で廃寺を命じられますが、信者たちの強い要望から廃寺を免れ、1942年には本堂が再建され、江ノ島、厳島とともに三弁財天の一つとして信仰を集めています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=かねこ 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback