base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

お遍路の元祖 衛門三郎再来伝説の石が今も残る「石手寺」

愛媛県松山市の石手寺には、お遍路の元祖にまつわる伝説があります。

衛門三郎は伝説上の人物で、伊予国の豪農として権勢を誇っていましたが、欲深く、民の人望も薄いといわれていました。ある時、門前にみすぼらしい僧が現れ、托鉢をしようとしましたが、三郎は追い返そうと僧が捧げていた鉢を竹のほうきでたたき落とし、鉢を8つに割ってしまいます。

しかしその後、8人いた三郎の子が毎年ひとりずつ亡くなり、8年目には皆亡くなってしまいました。そんな時、悲しみに打ちひしがれていた三郎の枕元に弘法大師が現れました。三郎はあのみすぼらしい僧が大師であったことに気がつき、懺悔の気持ちから俗世を捨て、大師を追い求めて四国巡礼の旅に出たのでした。

巡礼の途中、病に倒れて死期が迫っていた三郎の前に大師が現れました。三郎は今までの非を詫び、「来世は伊予の国司に生まれ変わり人の役に立ちたい」と大師に託して息を引き取りました。大師は路傍の石を取り「衛門三郎」と書いて、左の手に握らせました。翌年、伊予国の領主に長男が生まれますが、その子は左手に「衛門三郎」と書いた石を握っていました。

その石は「玉の石」と呼ばれ、寺宝として安養寺に納められ、後に「石手寺」と寺号を改めたといいます。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=なかむら歌乃

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback