base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

神武軍復活の剣が祀られる「石上神宮」

石上神宮は奈良県天理市にあり、神武天皇ゆかりの布都御魂という剣が祀られています。ヤマト政権の有力豪族、物部氏の総氏神とされていました。物部氏は蘇我馬子で有名な蘇我氏のライバル的な存在だった古代の豪族で、おもに当時の仏教受容問題で対立していました。

神武天皇の一行が現在の宮崎県高千穂地方から大和の国に向かう際に、熊野で毒気にやられて味方が全滅寸前となってしまいました。この時、高天原から降りてきた刀、布都御魂の力で毒気を打ち破ることができたのです。
石上神宮には他にもヤマタノオロチを退治した布都斯魂が祀られており、日本書紀や古事記などの書物にも石上神宮の名が出てくるほどで、はるか昔から日本の中心に鎮座していたといえます。
御神劔守と呼ばれる剣の絵が入ったお守りも有名です。
境内に入ると、鶏が数十羽放し飼いになっていて、神聖な鳥としてあがめられています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback