base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

真田家中興の城〜真田幸隆の岩櫃城〜

武田氏の家臣として真田氏が急速に存在感を強めていた時期に本拠地としていたのが、上州(今の群馬県)にある岩櫃城です。

真田信繁(幸村)のおじいさんに当たる真田幸隆が、岩櫃城の前城主・斎藤氏を調略によって退けて拠点としました。越後の上杉氏と甲斐の武田氏の間がもっとも緊張していた時期と言えましょう。その渦中で武田信玄が頼りにしていたのが真田幸隆です。戦国時代で屈指の人気を誇る真田一族ですが、実は幸隆以前の系譜は、未だ多くの謎に包まれています。

武田家に仕える前は流転の生活を送っていた幸隆は、必然的に周辺の地理や領主たちの内情などに精通するようになっていたようで、真田が得意とする諜報活動やゲリラ戦法は、そのころ培われたとも推察されます。幸隆が武田に仕官してからは、その豊富な軍資金と人材を駆使して信州・上州国境の上杉方だった地域も武田の勢力圏にします。

もともと攻め難い険しい山城・岩櫃城ですが、才智あふれる幸隆が睨みを利かせることで、文字通り『難攻不落の城』として、近隣の勢力を押さえる要となりました。

武田信玄から信頼と期待を寄せられ、譜代の家臣たちからも一目置かれる存在となった真田幸隆。迫力ある岩櫃城跡は、戦国最強を誇る武田軍精鋭として輝いた真田一族のイメージそのものと言えるかもしれません。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback