base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

2万の大軍に玉砕した城〜高橋紹運の岩屋城〜

現在の福岡県太宰府市にあった岩屋城は島津軍と大友軍の高橋紹運との戦いで知られています。

ときは1586年(天正14年)。当時の九州では島津氏と大友氏が争っていました。情勢はすでに島津氏が圧倒的有利になっていて、島津軍が大友氏の家臣・高橋紹運の居る岩屋城を攻めました。島津軍ははじめ降伏を促しましたが、岩屋城を守る高橋紹運はこれを拒絶しました。この時の島津軍は二万といわれ、対する岩屋城の兵は千人にも満たない状況でした。そのような不利な形勢でも、高橋紹運率いる軍は島津軍に大損害を与えたのです。しかし、戦の結果を変えるまでには至らず、紹運は高櫓に登って割腹し、壮絶な最期を遂げました。

島津軍は岩屋城を落とすことは出来ましたが、その後はこの戦いの被害が尾を引いたのか、ついに九州平定の夢叶わず、九州に乗り込んできた秀吉の軍に降伏したのです。

真意は不明ですが、紹運はこの岩屋城の戦いを自分が囮になることで、「その後の戦」に勝とうとしたのかもしれません。

「高橋紹運」の名を九州全土に轟かせる事となったのが、この「岩屋城の戦い」でした。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback