base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

竜王うさぎ伝説の主人公・大応国師が開山「興徳寺」

福岡市西区の海晏山興徳寺近くの姪浜駅前には「青海波の波とうさぎ」のモニュメントがあります。これは大応国師をめぐる龍王うさぎ伝説に由来しています。

大応国師は宋に渡り学びを深め、帰国の途中、山中で狼に襲われそうなうさぎを助けました。うさぎは大応国師のそばから離れなかったので、日本へ連れ帰ることにしました。日本を目前に玄界灘で嵐に見まわれ、船が難破しかかった時でした。

甲板で祈願する大応国師の懐からうさぎが飛び出して波間へと跳ね、嵐が収まり、波間にひとすじの道が開け、一行は無事に故郷へ到着できました。うさぎは金色の龍となり、天へ昇って行ったと伝わります。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=海示

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback