base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

武神タケミカヅチの力がこもる「鹿島神宮」

鹿島神宮は茨城県鹿嶋市にあり、紀元前660年創祀の関東最古級の神社です。全国に約600社ある鹿島神社の総本社でもあり、現在の茨城県周辺の一宮としての立場もあります。伊勢神宮・香取神宮とともに「日本三大神宮」とされています。

鹿島神宮の御祭神は武甕槌大神で、武道の神様として有名です。タケミカヅチノオオカミは、イザナギがカグツチの首を切り落とした時の血が飛び散って生まれた神で、天照大神よりも先に生まれた神様なのです。鹿島神宮のタケミカヅチノオオカミと千葉県香取市香取にある香取神宮の経津主大神はペアとして扱われることが多く、ともに関東の東を守る存在です。

鹿島神宮にいる鹿は、奈良公園で有名な鹿達の先祖となる存在で、鹿島神宮から春日大社に神様が分社するときに、「国譲り」で功績をあげたタケミカヅチノオオカミが白い鹿にのって春日大社まで下向したという言い伝えも残っています。

「鹿島立ち」という門出・旅立ちという意味の言葉がありますが、奈良時代に防人(さきもり:要地の守備の為に派遣された兵士のこと)が、任地に赴くとき、道中の無事や戦勝を鹿島神宮に祈願したことが語源といわれています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=なかむら歌乃

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback