base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

秀吉の「お墨付き」で落とされた城〜鹿島義幹の鹿島城〜

鹿島城は平安末期に築かれた城で、現在の茨城県鹿嶋市にある平山城です。平安時代末期に築城されて以来、鹿島氏の居城となっていました。鹿島氏はもともと常陸平氏の出で、鹿島神宮の神官も務めていた名門でした。その血筋は勢力を拡大するにふさわしい所以はありましたが、内紛が絶えず難しい状況でした。そのような中、鹿島城を改修して立派な規模に仕上げたのが鹿島義幹でした。しかし義幹は鹿島城を拡張する事業を成し遂げましたが、人望に欠ける面があり、家臣達に追放されてしまいます。

その後、義幹は1524年に鹿島城奪還のために戦を仕掛けます。この戦いは「高天ヶ原の戦い」と呼ばれ、剣豪として名高い塚原卜伝も参加していました。しかし、かつて自分の居た城を奪い返す事は出来ませんでした。その後も鹿島氏は後継者争いで混迷し、勢力拡大の機会を失ってしまいました。

鹿島氏は一時、佐竹氏に従って支援を受け旧領を回復し、城と領地を取り戻しますが、それも豊臣秀吉による北条征伐、いわゆる「小田原攻め」によって失われることとなりました。「小田原攻め」は、東国の武将の多くが、既に強大な権力を誇っていた秀吉に対して二心(ふたごころ:裏切る気持ち)が無いことを示すために参陣していました。

この時、佐竹氏の中心人物であった佐竹義重も参陣しました。しかし鹿島氏は参陣しなかったのです。そのため、鹿島城を含む常陸国の処遇は佐竹義重に委ねられる事になってしまいました。鹿島城を攻め落とすための「お墨付き」を得た佐竹義重・義宣親子は、「南方三十三館」と呼ばれた鹿島氏の家臣を集めて殺し、その勢いのまま常陸国に侵攻すると、次々と城を落としていきました。

味方を失った鹿島城では、残った鹿島一族や家臣達が抗戦しましたが、ひと月も持たずに落城してしまいました。一度は佐竹氏に助けられて城を取り戻した鹿島氏でしたが、皮肉にもその佐竹氏によって城を落とされてしまったのです。鹿島城はその後佐竹氏によって廃城とされてしまい、その跡には佐竹氏が築いた陣屋だけが残されました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback