base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

長宗我部氏とともに滅びた城~勝賀城〜

香西氏は鎌倉時代から続く武門の一族で、四国の讃岐(今の香川県)を治めた由緒ある家柄でした。
瀬戸内海に勢力を誇っていた水軍との海上交易によって財を成し、今の高松市街地からもほど近い勝賀山に勝賀城を築き、そこに城下町をつくりました。やがて戦国の荒波は讃岐国にも及びます。
1575年、長宗我部氏の侵攻を受けた香西氏は、その配下となる決断を下し、自分たちは別の城に移りました。しかしその10年後、今度は主君の長宗我部氏が秀吉の四国征伐に敗れてしまいました。

こうして城としての役目を終えた勝賀城ですが、去って行った主の一族もほどなく歴史の舞台から去ったのです。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ=かねこ 線画=かねこ 塗り=かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback