base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

布が命をつないだ断崖絶壁の城〜正木一族の勝浦城〜

太平洋に面し、断崖絶壁の上に立つ勝浦城。千葉県夷隅郡勝浦(現在の千葉県勝浦市浜勝浦)に存在したお城でした。歴史の表舞台から一見外れたようなこの城は、その城主であった正木一族と共に数奇な運命を辿りました。

元は安房の里見氏を抑えるために築城されたこの城は、里見氏が上総に勢力を拡大していくなかで、その重臣であった正木時忠が所有することになります。その後の勝浦城は里見氏にとってむしろ下総に勢力を広げていた北条氏と対決するための重要拠点となったのでした。時忠は一時、北条氏についたため里見氏と対立することになりましたが、その際にもこの拠点を取り返すために、里見氏は勝浦城に激しい攻撃を加えています。

里見家の当主、義弘が死去すると、彼が遺言で領土を嫡男の梅王丸と次男の義頼で分割するとしたため、跡目争いが発生します。この動揺は勝浦城にも波及することになります。というのも、そのころ城主は、時忠からその子、頼忠となっていましたが、里見氏重臣であった正木憲時が梅王丸方につき、同じく正木一族でありながら義頼方についていた正木頼忠を攻めたからです。その際、頼忠の娘、お万の方が布を伝って海上へ逃れたという、「お万の布晒し」と呼ばれる伝説がこの辺りには残っています。

この内紛であえなく落城してしまった勝浦城でしたが、頼忠は義頼によく仕え、憲時の乱を鎮圧することに成功します。そして再度、勝浦城主に返り咲いたのでした。

家督争いを制した里見義頼は豊臣秀吉に接近、安房・上総、それに下総南部の領土を安堵されます。しかし、義頼の子、義康の代に私戦を禁じる惣無事令に違反したとして上総・下総は没収を言い渡されます。せっかく取り戻した勝浦城も天下人を敵に回すことになってしまったのです。そしてこの時、この城を攻めたのは、その天下人・豊臣秀吉から武勇を天下第一と称えられていた、徳川家家臣の本多忠勝でした。本多忠勝に攻められた城はあえなく落城、そして廃城ということになってしまいました。徳川氏の取り成しもありましたが、里見氏は安房一国の大名となってしまったのです。頼忠も安房に去り、里見氏の一家臣となりました。

しかし、正木氏と徳川氏はここで奇妙な縁を持つことになります。頼忠の娘、「お万の布晒し」のお万の方が、徳川家康に見初められて彼の側室となったのです。そしてお万は後に、紀伊徳川の祖となる頼宣(米将軍吉宗の祖父)、水戸徳川の祖となる頼房(水戸光國、いわゆる黄門さまの父)を産むことになります。

関東の一要塞であった勝浦城。そしてその城主の正木氏はこうして人知れず、歴史の糸を確かに紡いだのでした。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback