base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

大和政権が日本を守るために築いた~鬼ノ城~桃太郎伝説のルーツ?

飛鳥時代、当時の日本を治めていたヤマト政権は、朝鮮半島の百済国と連合を組んで、唐と新羅の連合軍と戦うことになりました。これが、663年に起きた「白村江の戦い」です。この戦いで大敗したヤマト政権は日本列島に引き返しました。ヤマト政権は唐と新羅の追撃を恐れ、各地に防衛施設を作って国土を守ろうとしました。

ヤマト政権はこの時、西日本を中心に多くの要塞を築きますが、現在の岡山県付近に築城されたと伝わっているのが「鬼ノ城」です。歴史書などにも正確な築城年は書かれていないので、長い間謎とされていましたが、近年の研究では7世紀後半に建てられたのではないかと言われています。

「鬼ノ城」は防衛の拠点であり、その名が示すとおり鬼城山の中腹に建てられた、周囲数キロの城壁に囲まれた強固な城だったと伝わっています。ヤマト政権は万全の体制を整えて唐の侵攻に備えていましたが、その後も唐が日本に直接攻めてくることはありませんでした。これにより鬼ノ城は存在意義がなくなってしまい、鬼の城はそのまま忘れ去られるように廃城したと思われます。

岡山には現在でも鬼ノ城の話を元にして、「温羅」と呼ばれる鬼の逸話が残っていて、これが有名な「桃太郎伝説」のモチーフになったと言われています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback