base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

羽柴秀長の攻撃を受け落城した〜木津城〜

木津城は、三好長治の家臣で篠原長房の弟・篠原自遁により、現在の徳島県鳴門市に築城された平山城です。

この頃、室町幕府第13代将軍・足利義輝を討った「永禄の変」を引き起こした「三好三人衆」が、足利義栄を第14代将軍に擁立しました。しかし織田信長が上洛し、足利義昭を第15代将軍に就任させ、三好長治を阿波国に撤退させます。

三好長治と細川真之の対立が土佐国の長宗我部元親の阿波侵攻を誘引し、長宗我部元親の助力を得た細川真之と阿波荒田野で戦い敗北し自害してしまいました。

木津城を預かっていた篠原自遁は、讃岐国の十河城主・十河存保と対立し、三好氏の敗北と織田信長の自害を知ると淡路に隠遁します。この状況を見た長宗我部元親は、東条関之兵衛を木津城の城代とします。

1585年、羽柴秀長と羽柴秀次を大将とする四国征伐が開始され、木津城は落城してしまいました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback