base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

幕末動乱の舞台となった“くろ谷さん”の愛称を持つ「金戒光明寺」

金戒光明寺は、京都大学にほど近い京都市左京区黒谷町にある浄土宗の寺院です。知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の七大本山の1つで、1175年、法然上人が比叡山の黒谷を下り初めて草庵を結んだ地と言われる寺院です。
幕末には、会津藩主松平容保(まつだいら かたもり)が京都守護職を命ぜられ、このお寺を本陣として京都守護の役を担ったとのことです。その際、近藤勇らを配下としていたため、新選組誕生の地としても知られています。会津藩ゆかりの寺として、鳥羽・伏見の戦いで戦死した会津藩士の菩提を弔っている地でもあります。

寺は「くろ谷さん」の愛称で親しまれ、春は山門の前で染井吉野が花を咲かせ、秋は紅葉が美しく飾り、奥の庭園「紫雲の庭」をはじめ、境内には季節を彩る見どころが点在しています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ・線画=夢山紗也佳 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback