base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

秀吉「天下統一」の総仕上げ ~九戸城

豊臣秀吉による関東仕置きつまり後北条氏を攻め滅ぼしたことで、天下統一はなされました。しかしながら、それだけではなくその後も東北地方で反乱が相次いで起きたのです。その一番大きな戦いだったのが九戸城に立てこもった九戸政実でした。
彼は寡兵約5千人を率いて九戸城に籠城し、蒲生氏郷軍や豊臣秀次軍に対して善戦をした武将です。そもそも九戸政実は、南部氏の一族でしたが、南部氏の後継者争いに負けてずっと不満を持っていました。そのことで豊臣秀吉が裁定を行った奥州仕置きにも反発して、九戸城で反旗を翻したのです。
岩手県内でもこの反乱に荷担する動き相次ぎ、慌てた南部氏などの東北有力大名は、鎮圧が出来ずに敗退して中央政府の豊臣秀吉に援軍を依頼したわけです。この地方でも有数の武勇を有する彼が反乱に立ち上がったことで、この地域で反乱外圧医で行われてしまいました。
なお、この籠城戦は最初は善戦します。しかしながら、援軍が来ない籠城線は最終的には敗退してしまいます。結果、政実以下、九戸一族は処刑されるなどして、反乱が鎮圧されてしまいました。ただ、彼らが反乱を起こしたことで、この地域の人の不満が一気に爆発したことは疑いようがありません。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ=かねこ 線画=かねこ 塗り=かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback