base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

鎌倉幕府から土地をもらい築かれた城~桑名城〜

桑名城は三重県の揖斐川が流れる流域に存在する水城で、その起源は古く、鎌倉時代の初めにこの地をもらい受けた桑名行綱がこの地に館を築いたのが始まりと言われています。この地は室町時代には商業都市としての一面もあり、その経済的な基盤から付近には3つの城が存在し、「桑名三城」と呼ばれています。「桑名三城」の中でも、伊藤武左衛門の東城が、いわゆる「桑名城」の起源となりました。

豊臣秀吉の時代には、この城主が目まぐるしく変わり、関ヶ原の合戦後には徳川家康の勇猛な家臣として有名な本多忠勝が入城しました。その後、本多氏は移封され、代わって松平家が入城し、幕末には京都所司代として京都の治安維持に関わっていました。幕末の「鳥羽・伏見の戦い」では幕府軍について戦っていますが、敗戦が濃厚となり、新政府軍の前に無血開城を行います。

それでも新政府軍の敵視の影響もあって、徹底的に城や門などが破壊され、歴史的建造物がほとんど無くなってしまいました。現在は本丸・二の丸跡は九華公園として整備され、三重県の史跡に指定されています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback