base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

真里谷信高の代で廃城になった〜真里谷城〜

千葉県の城郭跡は、首都圏内ということもあり、宅地開発などで遺構そのものが失われてしまったところもあります。
真里谷(まりやつ/まりがやつ)城跡は、幸い、郊外の丘陵地帯にあったことで、かなり良い状態で残されており、往時の威容を偲ぶことができます。
この地域…上総(今の千葉県中部)の乱世が始まろうとする1456年(康正2年)、真里谷城は甲斐(今の山梨県)からやって来た武田信長という武将によって築かれました。
「武田信玄と織田信長の名前が混ざったような…」と思われそうですが、『甲斐』『武田』から連想されるように、武田信長は、信玄の五代ほど前の先祖の一人です。
関東での有力武家同志の争いによって、上総への加勢としてこの地に来た武田信長が、いくつか築いた戦略拠点の一つが、この真里谷城でした。
真里谷氏は、その武田氏から分家した一族で、代々この地で名門の血脈を繋いできましたが、戦国時代末期、真里谷信高の代で滅亡の時を迎えます。
長く続いた戦国乱世のあいだ、関東一円で絶大な勢力を誇る後北条氏と、安房(今の千葉県南部)に本拠を持つ里見氏との争いに挟まれるようにして、少しずつ衰えをみせていた真里谷一族。
家中での内部抗争もあり、最後の当主となった真里谷信高は、実質的な支配力が無い状態で城主に据えられていたようです。
その状態のまま、真里谷城は、秀吉による小田原征伐の奔流に飲み込まれるかのように、廃城の日を迎えます。
上総の地で滅びの時を迎えた、武田氏の一族・真里谷氏。
勝頼の代で滅びた甲斐・武田氏のみならず、他の地域で代を重ねていた『武田』の名を持つ一族も、それぞれに色合いの違う悲劇の終焉を迎えています。
この真里谷の名を持つ武田一族も、その同じ運命から、逃れることができなかったのでしょうか。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ=かねこ 線画=かねこ 塗り=かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback