base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

高さ日本一の石垣を誇る〜丸亀城〜

香川県丸亀市にある丸亀城は、標高66メートルの亀山に築かれた「石の城」と形容されています。全国に12しか残っていない現存天守があり、日本一の高さを誇る石垣がとても美しいことで有名です。石垣の高さは20メートル以上に及び、扇の勾配と呼ばれる美しい曲線が見る人を圧倒します。

築城したのは生駒親正で、織田信長の死後に豊臣秀吉の家臣となり、山崎の戦いや賤ヶ岳の戦いなどの功績から讃岐国およそ17万石を与えられた人物です。播州から讃岐に入った親正は、本城として高松城を築き、1597年に丸亀城を支城として築城しました。

関ケ原の戦いで親正は西軍、息子の一正は東軍で参戦。西軍の敗戦後、息子が東軍に味方した事により所領は安堵されましたが、親正のひ孫の代にお家騒動が起こり、所領を没収されました。その後、山崎家治らが領主となり、廃城となっていた丸亀城を大改修しました。

現存する石垣の大半はその時に築かれたものです。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=かねこ 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback