base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

信長が一日で落とした城〜六角父子の箕作城〜

織田信ニャ…

もとい、織田信長(おだ のぶなが)が足利義昭(あしかが よしあき)からの上洛要請を受けた時に敵対したのが、六角義賢(ろっかく よしかた)・義治(よしはる)父子でした。六角氏は信長よりも早くから楽市楽座(らくいち らくざ)の制度を取り入れるなど、当時の最先端をいく政治をしていた名門でした。そのため、ぽっと出の信長から「上洛するので味方になれ」という説得が来ても、信長に従う事はできなかったのかもしれません。六角氏は信長の上洛を遮って敵対することとなったのです。
この時、戦場となった城のひとつが滋賀県東近江市箕作山の山上に築かれた箕作城(みつくりじょう)です。

六角義賢・義治の父子は多くの城をまとめ上げていて、これらを味方につけて長期戦に持ち込み、三好や松永といった有力勢の援軍を待つという戦略だったようです。しかし、信長はこの戦略を見破ったのか、多くの支城は捨て置き、標的を箕作城、観音寺城、和田山城の三つに絞って攻撃を仕掛けたのです。

箕作城は天然の要害をもつ堅固な城だったので、七時間に及ぶ攻撃でも落とすことは出来ずに夜を迎えましたが、疲れて休んでいる城兵の隙を突いた夜襲に遭い、一気に城は落とされてしまいました。この様子を見ていた六角義賢・義治父子は夜陰に紛れて逃亡し、主を失った他の城主たちは次々に信長に降伏しました。箕作城が落ちたことにより、信長の勢いはますます強まる結果となりました。
実際、箕作城の攻撃には信長本人も指揮をとっていて、彼はこの城を落とすことを重視していたと思われます。

この戦いでは、先の戦いで降伏した美濃の武将も多く参加していました。
ところが、そういった織田方にとっての新参者を矢面に立たすのではなく、織田家の本隊が次々に先陣をきって敵方に突入する様子に、皆が驚いたと伝わっています。
信長家臣団にはこの頃から、こうした気迫があったのでしょう。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback