base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

地元の神話が始まりの「起きよ祭り」

起きよ祭りは、宮崎県日向市美々津町で毎年8月1日(旧暦「八朔」)の夜に行われます。この祭で活躍するのは地元の子ども達です。早朝に子ども達が短冊がついた笹を持ち、地元の家々を「起きよ」と言いながら玄関扉を叩いてまわります。家人はちゃんと起きたという証拠に門灯をつけるのが決まりで、確認した子ども達は次の家へと移動します。

かつて神武天皇の船出が急きょ真夜中に決まったことから、地元の人々がそれを見送るために「起きよ」と声をかけてまわったのが由来となっています。

全ての家をまわった後は、使った笹を海に捨て、神武天皇が出立する時に献上したという米粉と小豆で作ったお船出だんごを子ども達が作って参加者で食べます。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=カタツモリ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback