にゃんと?!また旅

カテゴリー

ペリーも訪ねた琉球の城~中城城〜

沖縄県中城村に城跡を残す中城城は、14世紀から15世紀にかけて、先中城按司という一族が築き上げた山城です。風光明媚な眺望を誇っている城で、城主は有名な築城の名手・護佐丸です。

もともと山田グスクで生まれ育った城主は、時の琉球王の命を受けて中城城に移り、当時の最先端技術をもって、城を増築し戦に備えました。中城城は6つの郭からなる、守りやすく攻めにくい要塞となっていました。その後、天下取りを目論む勝連城主・阿麻和利によって護佐丸とその一族は滅ぼされてしまいますが、城主を失った後も代々琉球王族が管理し、城は当初からの美しい姿をとどめるに至りました。

黒船来航で有名なペリー総督も琉球を訪問した際、中城城の視察調査を行っています。ペリー総督を始めとする当時のアメリカ軍人は、石灰岩でできた城壁が何百年もの間、崩れることなく残されていることにとても驚いたといいます。

その後の太平洋戦争を経ても奇跡的に壊滅を免れたこの城は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=カタツモリ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。