base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

歌舞伎“楼門五三桐”で石川五右衛門が名科白「南禅寺」

京都市左京区にある南禅寺は1291年に創建され、その後造営された離宮を亀山天皇が禅寺と改めたのが始まりです。日本で最初の勅願寺(ちょくがんじ:国家鎮護、皇室繁栄などを祈願するため天皇や上皇の発願で創建された寺)で、京都五山の中でも別格として位置づけられています。

三門は知恩院、東本願寺とともに京都三大門のひとつに数えられています。南禅寺の三門は歌舞伎「楼門五三桐」で有名で、演目に登場する石川五右衛門は南禅寺の三門に棲み、京の都を眺めながら「絶景かな!絶景かな!」と見栄を切ります。

南禅寺は応仁の乱から戦国時代にかけて荒廃しますが、戦国武将の藤堂高虎が大坂夏の陣で戦った兵の慰霊のため寄進しました。

湯豆腐は焼き豆腐を煮た南禅寺の精進料理が起源と考えられていて、これが寺院の多い京都で広まっていったそうです。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback