base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

娘を取られた腹いせにその婿を投げた!?「むこ投げ・すみ塗り」

新潟県十日町市では、毎年1月15日、むこ投げ・すみ塗りという行事が行われています。

むこ投げは、前年に結婚した初婿を、松之山温泉裏手の薬師堂境内から雪の上へ放り投げる行事です。初婿は羽織、袴で肩車や箱そりなどで薬師堂に連れて行かれ、皆に担ぎ上げられて、高さ5メートル以上の境内から崖下の深い雪の中に放り投げられます。結婚の祝福と、夫婦の絆が強くなるようにと願いを込めて行われます。行事の由来は、略奪結婚の名残とも、村の娘をよその村の男に取られた若い衆の腹いせが形を変えたものと言われています。

むこ投げが終わると「賽の神」という神事が始まります。すみ塗りは、この神事で出た灰を雪に混ぜ泥状にしたものを「おめでとう」と言いながら誰彼なく顔に塗り合い、無病息災と家業繁栄を願う行事です。

むこ投げ・すみ塗りは、魚沼地方にかけて広く行われていた行事ですが、現在ではわずかに南魚沼郡の八坂神社と、松之山町の2ヶ所だけになっています。

取材・記事・編集=七式工房・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=七式工房 ラフ=夢山紗也佳 線画=島方真紀 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback