base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

平清盛の戦友・源義朝の最期の地となった「野間大坊」

野間大坊は愛知県知多郡美浜町にあります。正式名称を「鶴林山大御堂寺」と言い、天武天皇の時代に建立されたと言われています。

野間大坊には、この地で最期を遂げた源義朝の墓所があります。義朝は鎌倉幕府を開いたことで有名な源頼朝の父で、ここは彼の最期の地です。源義朝は清和源氏の棟梁で、保元の乱を戦った勇猛な武将でしたが、平治の乱にて敗走を余儀なくされ、度重なる落ち武者狩りに遭いながらもこの地までたどり着きました。そこで長田忠致、景致親子のもとに身を寄せますが、恩賞目当ての裏切りに遭い、入浴中に襲撃を受けて殺害されたと言われています。
一説によると、襲撃を受けた源義朝は「我れに木太刀の一本なりともあれば」と無念を叫んだと言われており、現存するお墓にはこの故事にちなんで多数の木刀が供えられるようになりました。
野間大坊の境内には、このときに落とされた義朝の首を洗ったと言われる「血の池」があります。言い伝えでは、国家に一大事があると池の水が赤くなるそうです。
後にこの地を訪れた源義朝の息子・頼朝は、父が立派な寺で供養されていることに感心して念持仏を寄進しました。これが現在の野間大坊のご本尊様となっています。

その後、源頼朝がこのご本尊に願い続けて祈願を達成したことから、祈願成就や開運のお寺として名を馳せるようになり、後の時代にも豊臣秀吉や徳川家康の庇護を受けて大いに発展しました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback