base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

浅井家三代に渡り居住、織田信長が落城した〜小谷城〜

小谷城は浅井亮政、久政、長政の浅井家三代にわたって浅井家が居城としてきた城です。信長によって攻め落とされるまでの浅井家の繁栄と滅亡を見てきた城ということになるのでしょう。
浅井亮政は京極氏の家臣だったのですが、滋賀県の琵琶湖の湖北地帯に勢力を持つこととなり、小谷城を居城とするようになりました。以後久政、長政と浅井家三代の居城として小谷城は使われることとなりました。浅井長政は織田信長の妹であるお市の方と結婚し、幸せな生活を送ることになったのですが、信長が隣国の朝倉義景を攻撃したときに、父久政が朝倉側につくように強く主張、これに長政も同意し、信長と決別したことで浅井家の命運も大きく動くこととなりました。金ヶ崎の退き口では長政は信長を窮地に陥らせるも信長は九死に一生を得て脱出、反対に攻勢に出て浅井、朝倉軍を追い詰めていき、刀根坂の戦いで朝倉軍を破り、朝倉義景を自害に追い込みます。そして、返す刀で浅井久政、長政親子の守る小谷城を取り囲み追い詰めます。最後を悟った長政はお市の方と娘三人を脱出させて、自ら自害をして果てるという非業の最後を迎えます。そうした歴史的な舞台となったのがこの小谷城ということです。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ=かねこ 線画=かねこ 塗り=かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback