base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

軍記に記された城~岡山城〜

岡山城の起源は古く、最初に築かれたのは南北朝時代の頃だったと言われています。後醍醐天皇派に立って戦った名和長年の一族である、上神高直が現在の岡山駅の近くに建てた石山城がそのルーツと言われています。書物によると上神高直の頃は、今ある岡山城とは離れた場所にあったと言われています。

戦国時代になると、宇喜多直家がこの城に居していた金光宗高を殺害し入城しました。直家は着々と勢力を拡大し、毛利氏と同盟を結びました。その後、織田氏による中国地方の攻略が始まると、直家は毛利を見限って織田と手を結んでいきます。

直家はこの城に入った後、自分の描いていた本格的な城下町づくりに着手しました。その際、旭川の流域を変更したり、かなり大掛かりな土木工事を行い、古くからあった山陽道の道筋も変更しました。これに平行して城の改修も行われ、現在の位置に岡山城が完成しました。一説によると、この城は安土城を参考にし、これに似せた天守閣を建立したとも言われています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=かねこ 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback