base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

松尾芭蕉の名句が生まれた「宝珠山立石寺」

宝珠山立石寺は、山寺いう名で親しまれている山形県山形市にある天台宗のお寺です。860年、清和天皇の勅命により、平泉の中尊寺や松島瑞巌寺、青森恐山などと同じく慈覚大師 円仁が開山他と伝えられています。伝教大師が灯し比叡山より分けられた法灯を建立時より約1200年間1度も消えることなくお護りしているそうです。また本山延暦寺が織田信長の焼き討ちの際に消えた法灯は再建時に立石寺から分けたといわれています。
本堂にあたる根本中堂は国指定重要文化財となっており、1356年、初代山形城主・斯波兼頼が再建しました。ブナ材の建築物では、日本最古といわれています。

1689年、おくのほそ道を歩いて、立石寺を訪れたときの松尾芭蕉の句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」も、多くの人に知られています。後にこの地を訪れた弟子たちは、立石寺のせみ塚が、松尾芭蕉が句の発想を思いついた場所ではないかと、考えました。昭和初期には歌人斎藤茂吉と芭蕉研究家小宮豊隆との間で激しい「蝉論争」が繰り広げられたそうです。
※蝉論争:「蝉の声」の「蝉」の種類についての論争。斎藤はアブラゼミ、小宮はニイニイゼミだと主張し対立。後にニイニイゼミで決着。

奥之院まで1015段の石段を登りはじめ見えてくる姥堂は、「ここから下は地獄、ここから上が極楽」と区切る浄土口となっています。近くの岩清水で心身を清めてから、石段を1段1段登ることにより「欲望や汚れを消滅させていき、清く正しい人間になろう」というものです。
仁王門の両側に置かれた仁王尊像は、運慶の弟子たちの作といわれています。邪心をもつ人間は登ってはいけないと、睨みつけているため、あのような恐い形相となっています。
立石寺にある対面石は、この地方の支配者と慈覚大師が、この大石の上で対面し、狩人をやめて仏道を広めるようになったと言われています。そのことに感謝した動物達が踊ったという、シン踊が有名です。
岩屋に点在するお堂や奇岩怪石が並ぶ大きな山は今も多くの人が修行にはげむ地です。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=かねこ 塗り=うみにゃ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback