base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

小野篁の秘密のトンネルは「六道珍皇寺」にあり

京都市にある六道珍皇寺は、「六道の分岐点」があることで有名です。六道の分岐点、いわゆるこの世とあの世の境があることで有名です。古来より寺の境内には冥界への入口があると信じられていました。六道とは仏教において、人が迷いによって行きめぐる「天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄」の6つの世界のことを言います。

なぜこのような言い伝えが生じたのかというと、このお寺は、平安京の東にあった墓所「鳥辺野」がある道筋だったこと、そして小野篁が冥府に通うのために寺の裏庭にある井戸を冥府への入口として使用していたと言われているからです。小野篁は嵯峨天皇に仕えていた平安時代の官僚で、詩人や歌人としても知られていました。遣唐副使の仕事を任されたり、大使の藤原常嗣と争って嵯峨上皇によって隠岐に流されたこともあります。この時彼が詠んだ歌が「百人一首」にあります。

わたの原 八十島かけて こぎいでぬと 人には告げよ あまのつり舟

一方、閻魔王宮の役人とも言われており、昼間は朝廷で働き、夜になると閻魔庁に勤めていたという不思議な伝説があります。

このような話は「今昔物語」や「元亨釈書」などでも読むことができ、平安時代には小野篁が閻魔庁において第2の冥官であるという話が既に語り継がれていました。今もなお、六道珍皇寺の本堂の裏庭には、小野篁が冥土へ行くのに使ったとされている井戸があります。最近では寺の旧境内地において小野篁が冥土から戻って来る時に使ったと言われている「黄泉がえりの井戸」も発見されました。

ちなみに彼は身長6尺2寸(約190センチ弱)の大男だったと言われています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=かねこ 塗り=かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback