base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

文化財多数!踊り念仏で知られる市聖空也が造った「六波羅蜜寺」

京都市東山区にある六波羅蜜寺は、踊り念仏で知られる僧・空也が平安時代中期(951年)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来しています。空也は民間における浄土教の先駆者であり、若い頃から寺院に住まない修行者として諸国を巡りながら道路、橋、寺院を造り、人々のためにつくした人物です。

当時の京都は疫病が蔓延していましたが、それを憂えた空也は自ら十一面観音を彫り、その像を車に乗せ、念仏を唱えながら市中を歩いたとされています。また彼は病人に会うと仏前に供えたお茶を授けました。空也はつねに民の中で伝道に励んだので、人々は親しみを込めて「市の聖」と呼び、市聖(いちのひじり)と呼ばれる由来となりました。

彼の没後も寺は栄え、周辺には栄華を誇った平家一門の邸宅が集まりました。平清盛が「六波羅殿」と呼ばれていたのはそのためです。

本堂に安置されている空也上人立像は鎌倉時代、運慶の四男・康勝の作で、空也上人が「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えた時に一音一音が阿弥陀仏になったという言い伝えが彫刻化され、口から六体の仏が並んでいます。疫病が蔓延していた京を、鉦(かね)を鳴らし、念仏を唱えながら悪疫退散を祈り歩くさまを迫真の描写力で表現しています。

他にも、国宝である十一面観音立像や平清盛座像などの重要文化財が安置されています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=かねこ 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback