base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

地元の学生がきっかけで始まった「さっぽろ雪まつり」

世界3大雪まつりの一つとされる、さっぽろ雪まつり。

さっぽろ雪まつりの始まりは、1950年。終戦後で、食料など生活物資が不足し、日常生活にも苦労している中で、札幌市や札幌観光協会などが、地域に活力を与える打開策として開催されました。

今や雪まつりの代名詞となった雪像は、この時、美術教師の指導の元、地元の中・高校生によって作られた、高さ3メートルから5メートルのものが6基。雪像の他には、雪合戦、ダンス大会、演芸大会などがあり、5万人あまりの人が集まる盛況ぶりでした。翌年からは札幌市が主催の正式な行事となり、今では日本の冬を代表する祭として広く知られています。

札幌オリンピックが開催された1972年には、雪まつりが世界に紹介され、海外からの観光客が増えました。また、国際雪像コンクールも実施され、各国の名建築やキャラクターなどをテーマに国際色あふれる迫力満点の大雪像が作られています。スケールの大きさはもちろんのこと、細かいディテールまで再現された雪像は、一見の価値ありです。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 ラフ・線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback