base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

犬が嫌いな神様?「神明神社と八王子社」

愛知県にある知多半島の先端、南知多町の篠島には神明神社と八王子社という2つの神社があります。伊勢神宮から神明神社へ、そのまた逆へと材木が受け継がれ、木材の表面をかんなで削っていくので、だんだん小ぶりの神社になりました。

神明神社に祀られている海の神が女性神の所へお渡りするのが篠島の正月の祭礼となっています。その夜、島民は物音を立てず家の明かりを消して家にこもるのが習わしです。そのお渡りの最中に犬が吠えた年がありました。神事は何事もなく終わったものの、それ以降海が荒れて漁ができなくなりました。八王子社へ祈願へ行くと台座から狛犬が転がり落ちていました。置き直したのに、翌日また落ちていることが続き、狛犬を近くのお寺へ移したところ、海は静まって漁ができるようになりました。

戦争が始まり島からの戦死者が出るようになった時、「犬を飼う者がいるため
八王子の神様が怒っている」と島民が言い出し、犬を島から追い出しました。その後、何年間も島で犬を飼うことは許されませんでした。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback