base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

武田家滅亡の城〜武田勝頼の新府城〜

山梨県韮崎市の新府城は武田勝頼が織田・徳川連合軍に大敗を喫した「長篠の戦い」の後に築城されました。武田家と言えば、山梨の民謡・武田節でも謡われている様に「躑躅(つつじ)ヶ崎館」が有名ですが、拡大していた領地を統治する上で躑躅ヶ崎館では不向きであったことから、新たに建てられたのがこの城でした。

新府城は西に釜無川、東に塩川が流れている天然の要害のであったと共に、甲州街道・駿州往還・佐久往還・諏訪往還などの各地に繋がる街道の交錯した場所でもあり、交通の要所でもありました。

長篠の戦いでの大敗が尾を引き、築城の翌年には織田・徳川連合軍が本格的に甲斐武田への侵攻を開始しました。信玄の後を継いでいた勝頼は新府城では小田郡の猛攻を防ぎ切れないと判断し、城に火をかけ、親戚筋の小田山信茂の岩殿城へ落ち延びようとします。しかし、その小田山信茂の謀反に遭い、勝頼は天目山で嫡男の信勝と共に自害しました。いわゆる武田家の嫡流はここに滅亡したわけです。

武田家滅亡後は織田、徳川の手に渡り、一時は対北条氏における徳川軍の本陣として機能しました。小田原征伐後に家康が関東に移されると、甲斐には新たに甲府城が築城され、役目を終えた新府城は廃城となりました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback