base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

長宗我部氏との戦いで廃れた城~勝瑞城〜

勝瑞城は現在の四国、徳島県に位置しています。

この城は吉野川の本支流に囲まれ、水運の便に恵まれた地であり、畿内(今の近畿地方)から多くの物資や文化をもたらし、文化都市として大いに発展しました。しかしその一方で、上洛してきた織田信長や、土佐の長宗我部氏の勢力拡大により、城主の三好氏は次第にこの地での影響力を弱めていきます。

天正3年(1575年)、三好氏の城が相次いで落城し、彼らは畿内の領地をすべて失ってしまいました。こうした状況の中、三好氏の家臣であった十河存保が勝瑞城に拠点を置きました。存保は三好家中で実権を握り、阿波国での三好家の勢力回復に努めます。存保は畿内に拠点を置いた織田信長と盟約を結び、自国領内へ侵攻してきた長宗我部元親と激戦を繰り広げます。しかし存保は長宗我部軍の前に敗退し、讃岐国へと落ちのびます。

勝瑞城は放棄され、そのまま長宗我部氏によって廃城になってしまいました。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback