base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

全国2万以上の諏訪神社の総本社「諏訪大社」

諏訪大社は全国に2万以上ある諏訪神社の総本社です。長野県の諏訪湖周辺の四ヶ所に境内を持ち、諏訪湖を挟んで、南岸に上社、北岸に下社があります。

古事記では、瓊瓊杵尊の降臨に先立ち、出雲を訪れた武甕槌命が、地上を支配していた大国主に国譲りを迫りました。これに対して大国主の次男・建御名方命が反対したので、力比べをして負かしました。敗れた建御名方命は出雲を離れて諏訪へ去り、以降この地から出ないと誓いました。この神話が諏訪大社の起源と言われています。

諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がなく、代わりに下社の秋宮はイチイの木を、春宮は杉の木を御神木とし、上社は御山を御神体として祀っています。

樹齢二百年以上の樅の木を御柱として山から切り出し、氏子たちが「山出し」「里曳き」を行う「御柱祭」が七年目ごとに行われます。社殿の四方に巨木を建てる勇壮な祭は、天下の大祭と知られる一大行事です。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=鈴木裕美 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback