base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

古代大和政権が北方支配のために築いた〜多賀城〜

古代日本を支配していた大和政権は7世紀初め頃、北方の支配権を強めるため、陸奥国(今の宮城県)に多賀城を置きました。

多賀城は数多くの文献にその存在を示されています。そのことから、当時の国の行政を担う「国府」、または軍備・防衛を担う「鎮守府」が設置されていたと思われます。奈良時代における多賀城は北部の要衝の地だったのです。

どうして東北地方を支配する拠点が必要だったかというと、当時、東北地方には大和政権に従わない蝦夷と呼ばれる人々がいたからです。日本全国に支配を広げたい大和政権にとって、彼らはとても目障りなものでした。後に、坂ノ上田村麻呂などの活躍で、蝦夷は次々に制圧され、これに伴って、多賀城以降に造営された鎮守府は多賀城よりも北につくられました。

鎮守府は北へ移動しましたが、国府としての機能は多賀城に残り、断続的ながらも南北朝時代まで機能していたと思われています。この場所が古代東北の政治的中心地であったことは確かでした。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback