base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

飯縄信仰の霊山であり修験道の道場である「高尾山薬王院」

東京都八王子市の高尾山にある高尾山薬王院は、744年に聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、行基菩薩により開山されました。薬王院という寺の名は創建当初、薬師如来を本尊としたためです。

その後、京都の醍醐寺の高僧、俊源大徳が1375年に高尾山琵琶滝で修業した際に飯綱権現の霊感を体得し、「飯縄大権現」を本尊としました。飯綱権現は、戦勝の神として信仰され、戦国時代には武田信玄や上杉謙信の兜表にも奉られるほど戦国武将の間で守護神として崇敬されました。

薬王院のご本尊「飯縄大権現」は白狐に乗った烏天狗の姿をしています。天狗を神格化した異形の仏ということで知られています。山に臥し野に臥しながらの修行から修験道を修める人のことを「山伏」と呼びます。高尾山は修験道の山であることから山中を駆け回る山伏の姿が天狗に見えたのかもしれません。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback