base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

取られ、取りもどした城~田名部館〜

田名部館は、南北朝時代の初期に赤星五郎が居城としていたとされますが、築城された時期についてはよくわかっていません。鎌倉時代には既に存在していたとする説もあります。

当時、中央では「建武の新政」が行われていて、東北の青森一帯を治めていた南部氏が「目代」として赤星五郎を置いたこともあり、この城は南部氏に所属していました。その後、下北半島の蠣崎城主・蠣崎蔵人が南部氏に背いて乱を起こしたことで、田名部館は蠣崎氏のものとなりました。
その後、城を取り返そうとした南部氏に攻められて田名部館は落城し、城主だった蠣崎蔵人が蝦夷地に逃げたことで、以後は名実ともに南部氏の城となりました。

田名部館を取り戻した南部氏は、城代として新田盛政を置き、下北地方(青森県北東部)の支配を強めていきました。以降は南部氏を頼ってきた九州菊池一族の居館になったり、1661年にはここに代官所を設けられて明治時代を迎えました。

現在では代官山公園として整備されていますが、当時の面影はほとんど残っていません。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=ツグイワチホ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback