base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

同じ阿呆なら踊らな損々!「阿波踊り」

徳島県の観光の目玉のひとつが阿波踊りです。毎年、鳴門市では8月9日から、徳島市では8月12日から四日間開催されます。

演舞場では、様々な踊りの集団「連」が踊りを披露してくれます。阿波踊りの起源はよくわかっておらず、様々な説があります。阿波踊りが盛んになったのは、徳島藩主により産業が発展した頃からと言われています。盆踊りや風流踊りが起源という説や、徳島城の完成した記念の祝賀行事という説もあります。

徳島県の有名なお土産物のひとつに藍染がありますが、藍染が売れて豊かになるにつれて衣装も踊りも豪華になり、400年以上の歴史が作られました。

徳島市の阿波踊りが最大規模で、毎年130万人もの観光客が訪れます。この期間は街全体がお祭りムード一色です。昼は有名連が踊りを披露する選抜阿波踊り大会があり、夜は大小様々な連が演舞場で踊りを披露し、一日中踊りを堪能できます。

また、歴史と伝統を受け継ぐために阿波おどり会館が開設され、期間外でも阿波踊りを見ることができます。

取材・記事・編集=夢山紗也佳・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ・ラフ=夢山紗也佳 線画=鈴木裕美 塗り=カタツモリ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback