にゃんと?!また旅

カテゴリー

長宗我部氏に敗れた十河存保の〜虎丸城〜

虎丸城は、讃岐国(現在の香川県東かがわ市)にある与田山に築かれた山城です。

1582年、「中富川の戦い」に敗れた十河存保が虎丸城に入り、長宗我部元親の攻撃に備えました。しかし、東からは長宗我部、西からは香川親和が迫りくる状況となり、劣勢に立たされた十河存保は、秀吉に救援を求めました。秀吉はそれに応えて讃岐国へ援軍を送りました。

その一方、長宗我部氏は三万以上の軍勢を率いて虎丸城へ攻め入りましたが、落城には至りませんでした。いったん引いた長宗我部氏は再び動き出し、虎丸城に攻勢を仕掛けました。この翌年に虎丸城が落城したと伝えられていますが、詳細は定かでありません。

その後、長宗我部氏は十河軍に属していた武将の調略に成功し、十河城の支城を次々に落城させ戦いは終結しました。十河存保は長宗我部に降伏を申し出て落ち延び、羽柴秀吉の配下になったと言われています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=夢山紗也佳 塗り=カタツモリ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。