base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

山幸彦と豊玉姫が結ばれて御祭神が生まれた「鵜戸神宮」

鵜戸神宮は「鵜戸さん」と呼ばれ、宮崎県日南市鵜戸の日向灘に面した、自然の神秘的な洞窟の中にあります。階段を下って参拝する珍しい神社です。

この神社にまつわる話としては、山の猟が得意な弟・山幸彦と、海の漁が得意な兄・海幸彦の話があります。ある日、兄弟は猟具を交換し、山幸彦は魚釣りにでかけましたが、兄に借りた釣針を失くしてしまいます。山幸彦は、釣り針を探しに小舟に乗ってたどり着いた海神の宮殿・綿津見神宮で、海神の娘である豊玉姫と出会い、恋におちました。

山幸彦が海神の宮から帰った後、豊玉姫命は子供を授かりましたが、「天神の子を海の中で産むわけにはいかない」として、鵜戸の地にやってきます。浜辺の霊窟に急いで産屋を作ろうとしましたが、茅草(かやぐさ:イネ科の多年草。日本では古来、屋根材として用いられ、これを用いて葺いた屋根を茅葺屋根と呼ぶ)のかわりに鵜の羽で屋根を覆い終わらないうちに御子が誕生しました。鵜戸神宮の御祭神である御子は、日子波限建鵜草葺不合命といいます。

神宮の本殿前には、豊玉姫が海神の宮からやって来る際に乗ってきた亀が石化したと言われている「霊石亀石」があり、穴の中に運玉を投げ入れ、見事入ると願いが叶うといわれています。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
 コンテ=磯嶺裕 線画=かねこ 塗り=にゃんまげどん

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback