base

にゃんと?!また旅

カテゴリー

youtube instagram facebook twitter

戦国を走り抜けた真田家の象徴~"表裏比興"真田昌幸の上田城~

長野県上田市にある上田城は豊臣秀吉に「表裏比興の者(意味合い的にはひきょうなやつ)」と評された真田昌幸によって築城されました。当時この一帯は真田氏が領有していましたが、上杉氏、北条氏、徳川のいずれもがこの地方を狙っていた不安定な時期でした。

この時期昌幸は徳川と決裂し上杉方について上田城を増築し、いわゆる「第一次上田合戦」が起こりました。この戦いは徳川軍約8千に対して、真田軍2千という不利な情勢でしたが、昌幸は上田城の二の丸まで徳川軍を引き込んでから強力な反撃に出て、さらに退去していく徳川軍を横槍から強襲し壊滅させたと伝えられています。

関ヶ原の合戦では昌幸がまたも徳川と対峙する西軍に付いたため「第2次上田合戦」が起こりました。この時も徳川軍約3万に対して真田軍約3千という状況で対抗し、わざと負けて逃げかのように装い、上田城に敵を引きつけてから、鉄砲隊によって撃退しています。さらに昌幸はゲリラ戦法による奇襲攻撃で徳川軍をかく乱し、これは徳川秀忠の関ヶ原の遅参にも繋がりました。

徳川との2度の大きな戦いに勝利した真田にとって、鉄壁の防御体制を持った城としても名高いのがこの上田城でした。不安定な情勢の中、昌幸は生き残りをかけてこの城を駆使したのです。

しかし、最終的に関が原で勝利した徳川氏により上田城も破壊され、周囲の堀も埋められてしまいました。上田城主であった昌幸が九度山(今の和歌山県)に流罪になると、昌幸の長男・信之がこの地方を統治することとなりますが、その信之も松代に移され、その後は新たにこの地に入った仙石忠政によって破壊されていた上田城が再建されました。

※なお、「第1次上田合戦」当時の資料である「武家事紀」によれば、上田城は「天守も無き小城」と記されていて、もともと規模は小さく、徐々に増築していった経緯が伺えます。

取材・記事・編集=磯嶺裕・佐々木ひろこ・やすざえもん・ms-work(ミューズワーク)
絵=磯嶺裕・かねこ

※ 各記事の情報は取材当時のものです。

topback